2017年06月29日

ビジネス実務マナー検定 一人前への転機となるか?

こんにちは。ガッツです。

先日、「ビジネス実務マナー検定」2級を受験してまいりました。

スタッフや仲間が積極的に挑戦する中、苦手意識があった私は、しばらく受験を敬遠していました。職場環境が変わったことをきっかけに、今回は自分の番と、思い切って受験してみることにしました。

当時のブログ記事について紹介いたします。

資格試験を受験することは、本当に久しぶりでしたので、自分の出来を知るのが待ち遠しく、興奮を抑えるのが少し大変でした。

火曜日に公式サイトの模範解答で自己採点しましたが、思ったよりも出来がよく、ひとまず安心しました。

過去の問題と類似の問題も結構出ましたので、これから受験される方は、過去問題集を繰り返し行うのがおすすめです。

また、次のような取り組みも役に立ちました。

  • 抜け落ちている基本事項を復習するのに、3級のガイドを活用する
  • 本当に理解できているかを確かめるために箇条書きで答えることが求められる1級の過去問題にも挑戦する

もし合格すれば、ビジネスマナーについて一定の理解があるということを証明できるようです。

しかしながら、合格してからが本当のスタートだと私は感じました。

知識として学んだことを、実際に行動に移すことが、社会人として成功するための鍵だということを改めて痛感したのです。

「ビジネスマナーを学んだのは、試験のためだったが、これが一人前になる転換点となった」こう言えるように、これからも励んでまいりたいと思います。

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 13:09| 宮城 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

目の疲れのケア 業務中・自己啓発・余暇

こんにちは。ガッツです。

少し遅くなりましたが、東北地方も梅雨入りしました。蒸し暑くてうっとうしい面もありますが、アジサイの花など、この時期ならではの楽しみもございます。

さて、私が担当する業務は、情報検索、データ入力、Webページの管理など、パソコンに向かって行う業務がほとんどです。

ですから、業務時間中も適度にパソコンから目を離す時間をとること、オフの間に目をケアすることが大事になります。

また、将来のキャリアに生きる自己啓発を行うときも、紙とペンを積極的に使うようにしています。

「ビジネス実務マナー検定」の参考書については、手に入る参考書が紙ベースでしたので、学習時間が、目のケアも兼ねていました。

これから、CCNAなど、コンピューター関連の資格に向けても勉強を行いますが、学習サイトを活用するだけでなく、紙とペンで自分の理解していることを書き出す、いわば「知識のたな卸し」📝も交えて進めてまいります。

また、余暇を上手に使うことも、目の疲れのケアには欠かせません。

先日の休暇で、鉄道博物館に行ってきたのですが、行程の一部を新幹線の代わりに普通列車(一部グリーン車)にして、のんびりと雨の降る北関東の車窓を眺めていたのが、とても良いリフレッシュになりました

当日はあいにくの天気でしたし、特に何をしたというわけではないのですが、情報を探すことから解放されたことで、午後のひと時が極上のひと時となったのです。

小学校のときから好きだったゲームも、時間と楽しみ方を間違えないように気を付けたいところです。

つい、先が気になったり、最強にしたいと欲を出したりしてしまい、せっかくの息抜きでかえって目と神経に負担をかけてしまったという失敗も以前はございました。

息抜きについても、区切りをつけてコントロールすることが、社会人に必要な自己管理だということを改めて実感いたしました。

長く働き続けるためにも、上手に自分をケアしながら毎日の業務を行ってまいりたいと思います。

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 15:00| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

バックアップで心も軽く

こんにちは。ガッツです。

整理整頓の一環として自宅でスキャンした、過去の講義プリントやパンフレット、スケッチブックがまとまった容量になったので、DVDに保存しました。

幸い今までパソコン、ハードディスクが壊れたことはありませんが、知人からこれらが壊れて困ったという話を聞いたので、私もデータのバックアップに取り組むことにしました。

パソコンに取り込むだけでなく、バックアップもとることで、未練があった過去の書類も、迷いなく処分することができます。

いまだ処分すべき書類はたくさんありますが、仙台で暮らすようになってから、一切触れていなかった書類も処分できるようになり、心も少し軽くなったようです

ITに携わる者として、物品やデータの管理方法を身につけること、新しい技術にアンテナを張ることが大切ですので、しがらみや未練があって処分できなかったものについても、電子化とバックアップなども用いて賢く処分できればと思います。

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 16:02| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする