2021年05月06日

遅いのは無線LANの方でした(5GHz帯のWi-Fiで本来の速さに) 自宅光回線その後

こんにちは。ガッツです。

昨年自宅のインターネット環境を光回線に切り替えましたが、通信速度が思ったほど早くなく、こんなもんかなと思っていました。

しかし、自宅の光インターネットが早くなかったのは、無線LAN(Wi-Fi)の環境設定のせいだったことが分かりました。2.4GHzから5GHzに変えたら、通信速度が5倍ぐらいになりました。

今使っている無線LANルーターは、2.4GHzと5GHzのWi-Fiが使えることは知っていましたが、今どちらを使っているのか、どうすれば切り替えられるのかについては、今までよく分かりませんでした。

ルーターと自分が使う機器は別の部屋にあり、距離的にも結構あったので、壁などの遮蔽物に弱いとされる5GHz帯の恩恵を受けられないのではと思っていたのも、Wi-Fi環境見直しに消極的だった一つの理由です。

ゴールデンウィーク中に家の機器の設定を少し勉強したところ、次のことが分かりました。

1. 自宅のルーターはアクセスポイント名(SSID)を3つ持っていて、2つは2.4GHz帯対応、1つは5GHz帯対応

2. 今まではすべて2.4GHz帯を使っていた。2.4GHzのアクセスポイントは結構あり、チャンネルの取り合いになっている

3. 個人パソコンは2.4GHz帯だけに対応している。スマホとゲーム機は、2.4GHzと5GHz帯の両方に対応している

試しにスマホで5GHz帯を使うSSIDに接続してみたら、ルーターから一番遠いところでも、今までの倍以上通信速度になりました。

ときどき通信が切れることはありますが、今までの無線LAN環境と比べても、意外に安定して通信ができました。

夜8時ぐらいのいわゆる「ゴールデンタイム」では、接続が安定しないことがありますが、これはむしろプロバイダーとの接続が混雑するという、PPPoEの限界の可能性もあるので、混雑の影響を受けにくいIPv4 IPoEの利用を検討しようと思います。対応機器を入手さえすれば、接続環境のほうは対応しているようです。

自宅のインターネットを快適に使うために色々調べることは、お客様のインターネットの悩みを解決するための良い訓練にもなると思いますので、進めてまいりたいと思います。

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 16:36| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: