2017年06月29日

ビジネス実務マナー検定 一人前への転機となるか?

こんにちは。ガッツです。

先日、「ビジネス実務マナー検定」2級を受験してまいりました。

スタッフや仲間が積極的に挑戦する中、苦手意識があった私は、しばらく受験を敬遠していました。職場環境が変わったことをきっかけに、今回は自分の番と、思い切って受験してみることにしました。

当時のブログ記事について紹介いたします。

資格試験を受験することは、本当に久しぶりでしたので、自分の出来を知るのが待ち遠しく、興奮を抑えるのが少し大変でした。

火曜日に公式サイトの模範解答で自己採点しましたが、思ったよりも出来がよく、ひとまず安心しました。

過去の問題と類似の問題も結構出ましたので、これから受験される方は、過去問題集を繰り返し行うのがおすすめです。

また、次のような取り組みも役に立ちました。

  • 抜け落ちている基本事項を復習するのに、3級のガイドを活用する
  • 本当に理解できているかを確かめるために箇条書きで答えることが求められる1級の過去問題にも挑戦する

もし合格すれば、ビジネスマナーについて一定の理解があるということを証明できるようです。

しかしながら、合格してからが本当のスタートだと私は感じました。

知識として学んだことを、実際に行動に移すことが、社会人として成功するための鍵だということを改めて痛感したのです。

「ビジネスマナーを学んだのは、試験のためだったが、これが一人前になる転換点となった」こう言えるように、これからも励んでまいりたいと思います。

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 13:09| 宮城 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: