2017年03月09日

メール・ブログの「次へ」・「前へ」 本や動画などとの違い

こんにちは。ガッツです。

業務中や自宅でのメール、ブログについて、「次へ」「前へ」で時々戸惑うことがよくありました

過去のメールを確認するときに、音楽や動画の巻き戻しのつもりで「前へ」をクリックしたら、新しいメールが表示されて、しかたがないから逆方向をの矢印をクリックして見たいメールを見るのです。

少し考えてみたら、メール、ブログでは、「新しいものが一番上に来る」という、すでに完成している本、音楽、動画とは違う特徴がありました

メール・ブログの「次へ」・「前へ」を本や動画などのものと比較してみました。下の図をご覧ください。 本・音楽・動画では、奥に行けば未来の話だが、メール・ブログでは、新着が一番上になる都合上、古いものが奥に押し込まれる

メールソフトやブログによっては、言葉を変えて分かりやすくしているものもあります

「次へ」・「前へ」の代わりに「新しい」・「古い」などの言葉を使ったアプリ、ブログも時々見ますし、メールソフトもためしに英語版を使ってみたら、「前へ」が、"Newer",「次へ」は"Older"と、わかりやすい言葉で説明がありました。

作業でパソコンをを使っていて私が時々「使いにくいな」と感じるのも、もしかしたら画面レイアウト、アイコンの選択や、言葉の使い方、翻訳に改善点があるからかもしれません。

これからも、「なんか使いにくいな」と思ったら、「自分ならこう改善する」などの視点をもって作業してまいりたいと思います。

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 15:05| 宮城 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガッツさん、お疲れ様です。
>「自分ならこう改善する」という視点、
確かに大事ですね。
メールやブログの特徴を分かりやすく整理していただいたおかげで、私もそれについて考えるきっかけになりました。
Posted by Johnny at 2017年03月13日 18:48
Johnnyさん ありがとうございます。

様々な活動の抽象化、一般化、構造を見出すことなど、私自身の感じ方が少しよみがえってきました。

じっくりと考えることは好きですが、何かを提供するのに、残された時間は多いようで少ないと感じることがあります。

ただ使いにくいと文句を言うだけでなく、何かを提供できたらと思いますが、まずは一日一日の積み重ねで小さなものを提供することを行っていきます。
Posted by ガッツ@ハモニ仙台 at 2017年03月14日 16:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: