2021年09月01日

在宅が続く中、本来の職場の仲間たちにも関心を持っていく

こんにちは。ガッツです。

在宅勤務、リモートワークが続くと、「自分から情報収集したり、コミュニケーションをとったりしないと」、職場とのつながりを感じながら業務に勤しむことがだんだん難しくなっていくと感じます。

仙台支店でのコロナ対応や、業務体制の変化に伴い、試行錯誤が続きましたが、現在は原則、業務の終わり5分間に、「リモート終礼」という形で報連相、情報の共有と交換を行っています。

また、会社の代表や役員などから発信される動画を閲覧して、意識の共有を指せてもらっています。ときどきリモート終礼で感想を述べることで、職場のほかの仲間と意識を共有できているかを確認することもあります。

家にいながら、会社の一員として業務を行うには、礼節と規律を大事にすること、守秘義務に気を付け、常に問題解決の努力をすること、そして、職場にいるときのように本来の仲間を気にかけ、心配り、思いやりのあるアクションを行っていくことが大切と考えます。

在宅であっても、ハーモニー、アイエスエフネットグループの仲間であるという意識をもって、業務に励んでまいります。

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 16:34| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする