2021年07月01日

技術者としての力不足と敢闘精神 (地方アビリンピック)

こんにちは。ガッツです。

障害者技能競技大会(アビリンピック)の地方大会、今年は過去に何回も挑戦しているホームページに再び挑戦しています。

つい先ほど、事前提出の書類を提出してきました。すべての競技の参加者が提出する「同意書」、「交通費申請」のほかに、ホームページ競技では事前課題の提出が求められるようになりました。これは全国大会に準ずる競技形式です。

私の出来はどうかと言えば、「心身の不調と戦いながらイベントに挑戦する社会人」としては頑張ったかもしれませんが、技術者・プロフェッショナルとしての成果物ではないと振り返ります。

長い間ホームページ関連の業務から遠ざかり、体調不良の中挑戦した2019年の全国大会以来、ホームページ関連の技術書を見るのがイヤになるほどになったので、ホームページの挑戦はしばらく休止していたのです。

今年もコードを書いたり、画像を編集したりするのがほぼ2年ぶりで、これらの大変な作業がずっと手につかない状態でした。

直前になって少しコードを書くことができて、ワンポイントの提案は何とかできましたが、それ以外は事実上「工事中」。当日の競技には参加できるのかもしれませんが、プロフェッショナルとしての提案ができないことが悔しく、日々の生活に打ちのめされていた心身にもう少し鞭打って、せめてあと少しは形になる提案をしたいと思うようになりました。

次こそは技術者・プロフェッショナルとしての成果物を出せるように頑張りたいです。

ですが、まずは競技当日行ってみて、現時点での私の評価を受けることが当面の課題です。今までは良い評価を受けることが当然のように思っていましたが、現状でそれが望めない中でも、最後まで敢闘したいと思います。

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 15:11| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする