2021年04月15日

身近な車両運行管理 運転再開の取り組みとサイクリング

こんにちは。ガッツです。

私の今年の目標の1つとして、「ドライバーズ講習を受ける」というものがあります。

前回運転したのが、約8年前で、すっかり運転の機会から遠ざかってしまいました。

遠くない将来に家でも運転することが必要になることが予想されますし、大会参加や指導者としての活動というスキーの目標を達成するためにも、日常的に運転ができるようになれば何かと助かると思います。

運転の勘を取り戻すために、歩きながら車庫入れのイメージトレーニングをしたり、父の車の運転席に時々座らせてもらったりしています。車庫入れのビデオを撮影させてもらい、イメージをさらに明確にすることも考えています。

また、自転車に乗るときも、原則自動車運転と同じ交通法規を守るようにしています。右折が二段階になるなど違う面があったり、ルールでは直進が可能でも右折車とのトラブルを避けるため、自転車を降りて横断歩道を渡ることもあります。

特に、最近は運動不足解消のためにプールに行けなくなったため、エクササイズで自転車に乗る機会が増えました。たいていは自転車では交通の流れについて行けないので、自動車に追い抜かれることがほとんどです。慣れているドライバーは絶妙な距離を取りながら、ペースをほとんど変えずに追い抜いていきますが、追い抜くのに対向車線が空くのを待って、かなり距離をとってくれるドライバーも結構いらっしゃいます。

自分も自動車に乗る立場になったら、技量に自信がないことを認めて、このような慎重な運転が必要になると感じました。

また、マイカーなど、自動車を管理する立場になったら、保険に加入することも責任の一つになります。自転車でも、昨年から仙台市、今年からは宮城県で賠償責任保険の加入が義務付けられるようになりました。自転車でも自動車でも、車両を運行する者の義務といったところでしょうか。

運転再開に向けて、チャレンジを進めるとともに、いま乗っている自転車でも、保険加入や整備、部品交換など、責任を持った運行管理を心がけたいと思いました。

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 14:50| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする