2020年11月24日

次のインターネット接続、私は光回線を選びましたが・・・

こんにちは。ガッツです。

アビリンピックから帰ってきてすぐ、自宅のインターネット回線を光回線に変えてもらう申し込みをしてきました。

在宅勤務では、自宅からインターネット接続できることが最低限必要です。幸い今までは自宅のADSL回線で接続できていましたが、来年にはサービス終了になるということで、現在選べる回線の中で速度や通信制限などの制約が少ない光回線を選びました。

初めて家に光回線を引くことになるので、手続きや工事やらで、申し込みから光回線が実際に使えるようになるまで、1か月少々かかるとのことです。

私のように、サービス提供終了間近の回線をお使いの方は、早めに切り替え先の回線を決めたほうがよさそうです。特に、今月いっぱいは様々な回線提供者が乗り換えキャンペーンを行っているようですので、この機会を活用するのもいいかもしれません。

最近では、個人用インターネットでは、自宅に回線を引く代わりに、無線通信がベースのサービスを利用したり、携帯電話の接続だけで賄うことも結構多いようで、光回線よりも安上がりになる一方で、通信量の制約もあるので、自分がインターネットに何を求めるかを考え、少し慎重に検討する必要がありそうです。

このような無線系のインターネット接続は、短期契約のサービスもあり、光回線などが開通するまでのつなぎとして使うという使い道もあるそうです。

次世代の携帯電話通信技術である5Gの普及で、回線を引かずに無線や携帯のサービスで電話もインターネットも、という流れはさらに加速するかもしれません。

家庭用・個人用のインターネット回線は、今や電話と同じくらい生活に欠かせないインフラになっていますが、目的に合わせて、「インターネット接続のインフラ」を選んでいただけたらと思います。

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 14:15| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする