2020年05月26日

自己アピールは続く(3) 要望とこだわりのギャップに折り合いをつけて

こんにちは。ガッツです。

好きなことでも、仕事にすると思ったようにいかないということを経験した方も少なくないのではないかと思います。

一つの原因は、「要望とこだわりのギャップ」ではないかと私は考えております。

私も、要望とこだわりのギャップについては、日常的によく経験しております。

自分の得意分野や成長や気づきについて、一日でも早く活用したいとは思いつつも、お客様や仲間の要望に応えるときに、自分の苦手なことにも取り組まなければならなくて、なかなか先に進まないことがよくあるのです。

好奇心に基づいた知識や技術の深みにはまることは、必ずしも悪いことではありませんが、目の前で解決策を必要としているお客様や仲間のことを思って努力することは、社会人としての基本の一つだと思います。

特に、私のように興味本位で一分野の知識に偏りやすい、自閉症スペクトラム障がいがある青年・大人で、これから社会で活躍をしたいと頑張る皆様にとっては、
「要望とこだわりのギャップ」を何らかの形で自覚し、こだわりと要望の折り合いをつけていくことが成功の鍵ではないかと最近はよく考えております。

これから、いわゆるエンジニアの卵や、業界経験が浅い方々のために技術的な面でお話をする機会も増えてきますが、
自分の強みを構成するこだわりは尊重しつつも
「初級者の悩みを解決する」という要望に応えられるよう、試行錯誤しながら、文書や発言などのアウトプットを積み重ねていければと思います。

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 15:28| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする