2020年03月31日

プレゼンのセンス〜利他の心と個人のこだわり

こんにちは。ガッツです。

最近、パワーポイントなどで技術説明資料を編集する機会が増えています。

パワーポイントの一つ一つの機能はだいぶ覚えてきたのですが、学生時代にプレゼンテーションを避けて回ったつけもあってか、「プレゼンのセンス」に苦労しています。

1枚のスライドに「あれもこれも」詰め込みすぎて、わかりにくい資料になってしまうこともよくあります

一つ一つの知識について、知っている、説明できるだけでは不十分で、伝える相手のことについても考えないと、分かりやすく簡潔な資料はできないようです。

伝える相手に合わせて、内容を取捨選択し、1枚1枚のスライドに適度な分量の情報を配置します。

相手のことをほんの少し考えて資料を作成したら、自分が当初考えた内容が全部カットされて、まったく別の内容になることもあります。

そういえば、業務における日々の報告物でも、ブログ記事作成でも、読む相手のことを考えて推敲したら、「これを伝えたい!」と思って書いた当初の下書きの内容は全然残っていなかったということは、珍しくないことです。

「仕事」では、「利他の心」で考えて行動すると、個人のこだわりは脇に置くことが必要だということの象徴的なエピソードといってもいいかもしれません

個人のこだわりは、モチベーションや能力の向上の強い味方になりますが、お客様に喜んでいただくために、バランス感覚をもって、伝えるセンスを磨いてまいりたいと思います。

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 15:10| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

今年は最寄り駅の桜が一足早く開花

こんにちは。ガッツです。

ここ数日の間に、仙台の桜の開花宣言がありそうです。昼休みに、仙台支店近くの公園で開花間近の桜のつぼみを見て、開花が待ち遠しいと思っていたところです。

実は、私は今朝、一足早く開花を目撃しています。仙台西部郊外の自宅から最寄りの駅の向かうときに、桜の木をに目を向けると、いくつかのつぼみが開花していました

例年は私の自宅の近くのエリアでは、仙台管区気象台の発表から1週間ぐらい遅れることが多かったのですが、たまには一足早い開花を楽しむのも悪くないものだと思いました。

時節柄もあって、不要不急の外出は控えるようにはしておりますが、目に入る季節の変化は、素直に楽しんでいきたいと思いました

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 15:08| 宮城 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

自動販売機の「購入補助ボタン」とユニバーサルデザイン

こんにちは。ガッツです。

仙台駅構内のスマート自動販売機が、よりスマートになり、うれしい気分になりました。

仙台駅改札内の、待合室近くの自動販売機は、缶やペットボトルなどの物理的なサンプルを置かず、スマホみたいに、商品を画面で表示してタッチして選ぶ形式ですが、つい先日見てみたら、「購入補助ボタン」という機能が追加されていて、これをタッチしたら、高いところに表示されている商品と、低いところに表示されている表示が入れ替わりました。

これで、子どもや車いすの方など、高い位置の商品に手が届かなかった方々も、不自由なく商品を買うことができます。

当ブログ2013年3月28日付け記事『もっとスマートになれる?◆駅のスマート自販機◆』で、「せっかくのスマート自販機で、商品の表示が物理的な配置から自由になったのだから、ボタン1つで高い位置の商品と低い位置の商品が入れ替わればいいのに」なんてことを私も言っていて、そのことはしばらく忘れていたのですが、気が付いたら実現していて、さすがと思いました。

これが当時の記事にも載せたサンプルです。下手なイラストはご愛嬌ということで・・・

自販機:背の高いペットボトルが上に陳列されている
購入補助ボタン
※「購入補助ボタン」をクリックしたら、並んでいる飲み物の上下が入れ替わります

もっとも、この、手の届かないところにある商品を買うことができる「購入補助ボタン」は、自動販売機が画面表示になる前、缶などのサンプルを陳列していた時代からあったことを思い出しました。

高い位置にある展示の商品を買えるボタンが、手元のコイン投入口に近い位置にもあるという形でした。

この「購入補助ボタン」は、ユニバーサルデザインの一例だそうです。ユニバーサルデザインは、年齢や体格、性別や国籍の違い、障がいのあるなしにかかわらず、できるだけ多くの人が問題なく使えるようなデザインのことです。

当時は「ユニバーサルデザイン」という言葉は知りませんでしたが、障がいの垣根を越えるために何ができるかということを、経験が浅いなりに頭を絞って考えていました。

「購入補助ボタン」がきっかけで、しばらく忘れていた、人を助けたいという情熱について改めて思い出しましたので、忘れないように日々頑張ってまいりたいと思います

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 14:26| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする