2019年12月05日

シスコ技術者認定に向けて 初めての実機操作体験

こんにちは。ガッツです。

私は、今月下旬から2月中旬にかけて、シスコ技術者認定試験CCNPの3科目を合格することを目標に自己啓発を頑張っております。

本日は実機、つまり本物のルーターやネットワークスイッチを操作する体験についてお話ししたいと思います

以前に初級レベルのCCNAを取得するときは、学習サイトでの問題演習と、シスコから無料で手に入るシミュレーター「パケットトレーサー」で対応することができました。
(注意:シスコにアカウント登録が必要)

さすがに中級レベルのCCNPとなると、教科書や問題集で習ったコマンドをシミュレーターで使えないことも多く、できたら実機を操作して覚えづらいところを確認したいと思っていました。

実際に実機を入手して、自分で配線・設定して練習する方も少なくないようですが、私は会員制サイトに登録して、リモートアクセスで特定の時間帯に予約して練習させていただくことにしました。

本物を操作することは初めてでしたので、最初のうちは戸惑いましたが、シミュレーターで練習したり、問題集で知識を積み重ねた甲斐があり、少しずつ慣れてきており、学習のモチベーションも上がっております。

今回、このような形で実機での練習をさせてもらうことになって、知識習得以上の良い体験をさせてもらっております。

具体的には、1日最大2時間の予約した時間帯しか機器を操作できないので、限られた時間で何を行うかの計画を立てるようになったことです。

また、参考書のインターフェース名と使用する機器のインターフェース名が違うので、練習の目的を達成するために、機器構成について熟知したり、実際に自分が入力するコマンドをあらかじめ決めたり考えたりすることで、より主体的な学習経験になっております。

民間の試験機関を活用する試験で、中級レベルとなってくると、受験料も安くはないので、すべて一発合格で「CCNP」の肩書を取得するのがベストのシナリオではありますが、まずは技術者を目指して、後戻りをしない選択をしたことで、日々の生活に適度な緊張感と張りを持つことができています

目標達成のために練習問題や機器環境など、資源を提供してくださる関係者の方々、受験を応援してくださる職場の方々に、心から感謝いたします

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 11:52| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする