2019年12月26日

2019年の気づき 1.「出席することの重要さ」 2.「努力と効果的なアピール」

こんにちは。ガッツです。

年末も近い今日この頃、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。例年より気温が高めとはいえ、これから本格的な寒さがやってくることが予想されますので、皆様も、どうか暖かくしてお過ごしください

この時期は、時が過ぎる早さに戸惑うこともありますが、じっくり振り返ってみると、この時期も仙台でアイエスエフネットのために業務を行っていることに目を向けると、働く場所と人間関係など環境を作ってくださった関係者の方々への感謝を改めて感じます

さて、今年も1年を振り返ってみると、先の見えない中でどうにか努力を続けられた1年だったと思います。

特に、1年間業務や自己啓発などを頑張ってきて、気づいたことが2つございました。

いつでも、あるべきところにいることは、最も価値があることの一つと感じました

職場でも、障がい者の自助グループでも、まずその場にいること、その場に行くことが一番重要だということに気づきました。

特に、不安などで足が重く感じるときにそのように自分に言い聞かせて、元気に出席を続けることができました。

メンバーとしての期待、不満がある中でも、直接コミュニケーションを取り、時には不満を伝えられる場所にいるということは、自分が思っているよりもはるかに大切なようです。

叱られること自体は、自分の不備が原因であり、好ましくないことではありますが、叱られて改善することで相手の仕事を一つ進めることができるという見方をすることともできます。

このように、「利他の心に基づいて、あるべきところに出席を続ける」という視点は、これから職業生活、その他の活動を続けていくうえで、忘れたくないものだと思いました。

効果的に自分をアピールするために、努力の配分を工夫するともっと良かったと思います

今年も努力を続けた甲斐があり、いくつかの難関資格に合格することができました。

しかし、努力の配分を工夫すれば、より自分をアピールできたとも思います。

具体的には、アビリンピック全国大会という、うまくやれば全国的な称号が得られる場所に対する努力の配分が50パーセント以下だったということで、これは今振り返ると非常にもったいないと思います。

これからもお役に立てるように努力を続けてまいりたいと思いますが、より効果的に自分を生かすために、アピールの工夫、努力の配分にも来年は気を付けていきたいと思います。

私の今年の振り返りは、おおよそ先に挙げたとおりになります。

来年はさらに活躍できるように、努力を続けてまいりたいと思います。

皆様にとっても来年2020年が良い年になるよう、心からお祈りいたします

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 14:31| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

技術者としての試練〜努力は報われるも挑戦は続く!

こんにちは。ガッツです。

クリスマス前に、うれしい知らせを受け取ることができました。

先日、CCNPの試験の1つ「CCNP ROUTE」を受験し、合格することができました!

また、2か月前に受検していた「ネットワークスペシャリスト試験」も結果が発表され、合格していることが分かりました。

8月から環境変化、資格挑戦とアビリンピック挑戦でタフな日々が続きましたが、難関といわれている資格に合格することで、技術者としての努力が評価されたということで、まずはホッとしています。

しかし、色々な意味でここがスタートラインだとも感じています。

一つは、文字通り、残りの試験が待っているということです。

CCNPを取得するためには、もう2つ試験に合格する必要があります。知識を積み重ねることが必要なのは絶対ですが、集めた情報によると、「バグ」と表現する受検者も少なくないなど、試験に一定の癖があるようで、情報収集はかかせません。

もう一つは、技術者としてのキャリアです。障がい特性、コミュニケーションの向き不向きもあり、技術者として選べる道が限られていると感じます。

多くの人の助けがあり、自分自身も効果的なコミュニケーションができるように努力したこともあり、ようやく今ある場所で勤務を継続することができています

どのような技術に、どのようにかかわることで、手放しで人の役に立つことができるか……研鑽を積み重ねながら、自分の道を見つけていければと思っております。

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 16:01| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

「勝負中」に迎える年末年始

こんにちは。ガッツです。

早いもので、今年も残すところ2週間。あと少しで年末年始です。

例年この時期は、時が進むのが非常に早く、慌ただしく感じますが、今年は寒さの到来が比較的緩やかだったこともあって、例年に輪をかけて、日付が進むのが早く感じます。

いつもはちょうどこの時期に1年を振り返っておりますが、今年は年末、年始に試験の日程を組んだこともあり、
「いまだ勝負の真っ只中」という気持ちで過ごしております。

いま、自己啓発・資格取得で勝負に出られている、ということは、時折、いや、ある時期は毎日のように、気持ちが落ち込んだり将来を悲観したりしつつも、止まらずに前に進んでこられたということで、自分にしては、ベストに近い頑張りだったと振り返ります。

もう少し欲を言えば、目的に向かって進んでいる間も、身の回りのことを少しずつ進めておけばよかったです。

目標達成のためにわき目もふらず進んでいるときも、イベントが一段落して一息ついているときも、身の回りのことを行うのにほんの少しでもエネルギーを配分できればと思いました。

そういうわけで、今は年末も年始もお構いなく目標達成のために頑張っていますが、弊社にとっては、年明けの1月が新年度ですので、体制と環境の変化に伴い、日々の業務タスクも調整する必要があります。

年末年始をちょうど良い区切りと考え、今年も来年も前に進み続ける、という意気で頑張っていければと思います

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 13:20| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする