2016年07月28日

自分に合った、丸暗記を生かす自己啓発で夢に近づく

こんにちは。ハーモニー仙台のガッツです。

私は、小さいころから
物事を丸ごと覚える方が好きなようです。

以前は、丸暗記で学習するのはカッコ悪いと思い、
何とかスマートに学習できないかと
試行錯誤した時期もありましたが、
結局自分には丸暗記が合っていると思いました。

ニュースなどで伝え聞く特殊な能力の持ち主のように、
カレンダーを正確に覚えているとか、
本を一字一句違わず覚えているとかという
驚異的な能力はない
ですが、
記憶を生かして難所を切り抜けたり、
退屈さから脱出したりすることが良くありました。

たとえば、試験勉強で
何をやったらいいかわからないときは、
まず自分ができることからと考え、
教科書を丸写しすることから始めました

この方法は自分に合っていたようで、
一度学業不振になってから、
再び好成績をとることができるようになったり、
資格取得で良い結果を出したりすることができました。

ハーモニー仙台で働くようになってから、
お客様に喜んでいただくことが大切だと学びましたが、
試行錯誤しながら、自分の得意なやり方で
少しずつできるようになってきています。

植物や小動物、標識や信号などの構造物、
ポスターやパンフレットなどの
情報伝達の手段など、
目に入るものは学ぶ材料になります。

また、ハーモニー仙台での毎日の積み重ねも、
振り返ってみれば
 「まずは覚えて実行する」
ことの積み重ねで、
入社前には想像出来なかったことも
実行したり考えたりできるようになっています。
私の場合、まず覚えて、心は後からついてくるようです。

報告するための文言を毎日言ったり、
経営哲学やビジネスマナーの資料などを、
時々振り返ることで、
 「丸暗記が取り柄」
の自分が思いやりの心を少しずつ身につけていることも、
感慨深いものがあります。

ハーモニー仙台で、正しい方向性で
自分の取り柄を生かしていくことで、
これからの自分の夢に出会い、
より喜んでいただけるものと確信しております

本日は、ガッツが更新いたしました。
posted by ハモニ仙台 at 14:14| 宮城 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

高揚感のコントロール

こんにちは。ハーモニー仙台のガッツです。

勤務を長期間続けるのに、
気分の落ち込みと上手に付き合う必要がありますが、
時には気分の盛り上がりすぎも
うまくコントロールする必要があります


週の初め、家を出てからハーモニー仙台につくまで、
案内の看板、旅行商品のポスターなど、
 「目に入るものから、なんでも学んでやろう」
と、意気揚々と会社に向かうことが時々ありますが、
こうした高揚感を
ほどほどのところでコントロールする難しさを感じています。

落ち込んでいるよりはいいじゃないかと
思われるかもしれませんが、
こういう時こそセルフコントロールが必要になります

実際、私もこのような高揚感が
ずっと続けばいいなあと思いますが、
この状態が一週間も続くことは、
今までを振り返ってみると全くなかったと思います。

必ずと言っていいほど、調子に乗りすぎた後
疲れたり気分が落ち込んだりしてしまうのです。

継続して働くためにも、
気持ちが下がりすぎたり、上がりすぎたりすることには、
これからも十分今日つけてまいりたいと思います

本日は、ガッツが更新いたしました。
posted by ハモニ仙台 at 14:50| 宮城 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

線路に転落した男性を救助

6月のこととなりますが、名古屋市営地下鉄鶴舞線伏見駅の下りホームにて、アイエスエフネットグローバルの村瀬さんが、近くにいた銀行にお勤めの方と共に、線路に転落した男性を救助され、消防署および交通局から感謝状をいただきました。



お二人の目の前で男性が線路に転落し、銀行員の方が救助のため線路に降り、村瀬さんは電車の緊急停止ボタンを押して駅員さんを呼んだ後、銀行員の方と協力し男性をホームへ引き上げたそうです。



村瀬さんよりコメントをいただきましたのでご紹介いたします。

===============

たまたまこのような現場に遭遇しましたが、特別なことをしたとは考えていません。

また、本当に評価されるべきは、真っ先に線路に降りたもう一人の方で、私はサポートしただけです。

ただ、私自身、周りからこのような評価されることは少ないので、単純にうれしく思います。

今後も私にできる範囲で、社会に貢献できればと思います。

===============



お二人の連携で、転落した男性は軽い怪我ですんだとのことですが、村瀬さんと銀行員の方は面識がなく初対面でした。

相手を想う心がこの連携につながり、大切な命を救うことが出来なのではないでしょうか。



6月21日の中日新聞(市民版)でも取り上げられておりますので、この新聞をお持ちの方はぜひ、お読みいただければと想います。





救助のためとっさに行動した銀行員の方の勇気、そして、村瀬さんの冷静な判断に、心から賞賛の拍手を贈りたいと想います。
posted by ハモニ仙台 at 15:14| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする