2016年01月29日

1月 ライフ青山事業所でご家族と語る会

先日、ライフ青山事業所では今年初めてとなる「ご家族と語る会」を開催させていただき、障がいのある方や親御さん、企業の人事担当者や経営者の皆さまなど、約90名の方がご参加くださいました。



渡邉代表からは、「ご家族と語る会」を開催している主旨についてお話しをさせていただきました。



これまでお会いした親御さんはどなたも真剣且つ熱心で、お子さんのことを心から愛し、心配をしていらっしゃる方ばかりですが、残念なことに、お子さんを守るための法律「障害者総合支援法」など重要な法律に関する知識をお持ちの方は極めて少ないというのが現状です。



当グループでは「ご家族と語る会」を通して、親御さんにお子さんを守るための知識を得ていただきたいと考えており、そうすることで、いま抱えている不安の50%は解消されることでしょう。



残りの50%のうち20%は、同じような境遇であったり、同じような経験をしている他の父母の皆さんと話しをすることで解消されると想います。



そして、残りの30%はすぐには解決できない不安であると考えています。



その不安の中には、法律を整備したり、正しく適用することで解消できるものが多く含まれています。



そうした中で、親御さんに法律の知識や理解を深めていただきながら、法律の整備や適用がまだ行われていないところを、国や自治体にご対応いただけるように行動してゆくのが父母会の役割です。



それぞれの役割をご理解いただき、誰もが暮らしやすい社会を目指して、共に取り組んでまいりましょう。



次回は2月19日(木)を予定しておりますので、もし関心をお持ちでしたら、ぜひ足をお運びください。



・「ご家族と語る会」のご案内 アイエスエフネットライフ



http://www.isfnetlife.com/events/katarukai/kataru.html



20160122_Aoyama_Gokazoku_01.jpg
posted by ハモニ仙台 at 15:12| 宮城 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

発達障がいで精神科に通いながら働く私にとって、ビジネスマナーとは

こんにちは。ハーモニー仙台のガッツです。

ようやく「利他の心」など、グループの流儀に慣れてきたからでしょうか、
それとも、年齢を重ねたからでしょうか?
最近になって、「自分だから与えられるもの」について、
考える機会が多くなっています。

たとえば、
 「対人関係で悪戦苦闘した私たちが与えられるもの」
については、積極的に発信してまいりたいと願っております。

そこに、私たちが働いている意味があると思うからです。

今回は、主題にもある通り、
  発達障がいで精神科に通っている私 にとって、
  ビジネスマナー とは

について、お話ししたいと思います
 
発達障がい者として、福祉的ケアを受けているときは、
おおよそ次のような感じでした。

 ケアしてくださる方々がいらっしゃって、
 なるべく過ごしやすい空間を、作ってくださる。


会社の一員にさせていただいた自分にとってのミッションは、
 「お客様に喜んでいただくこと」
でした。
社員になってからは、次のような立場に変わりました。

 相手が喜ぶような物、言葉、雰囲気、空間を
 これからは私たちが作ることに携わる。


ビジネスマナーは、それを具体的に実行する方法なのです。

この変化に対応する過程で、
曲がったことが嫌いという性格から、
様々な理由で今はできない人を責めたり、
一人でイライラしていたり💥という経験もして、
相手がよるこぶようなコミュニケーションを
身につけるのは、平坦な道ではないものだなあと思いました。

自己啓発や、コミュニケーションが上手になる
ハウツーの記事を読んで、
 「あなた方は、もともと社交的だからいいよなあ」
と、反感を感じた方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。

「相手に喜んでもらう」という同じテーマを、
違う立場、違う言葉で語って、
一般人向けの言葉では、届かなかった人に、
一人でも、二人でも、届くことができれば、
自分が今奮闘している甲斐があるのではないかなあと思います

本日は、ガッツが更新いたしました。
posted by ハモニ仙台 at 15:34| 宮城 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「就労困難者の雇用促進 事業所開設、教育や研修も」四国新聞でも

1月18日発刊の四国新聞にて、「就労困難者の雇用促進 事業所開設、教育や研修も」と題し、1月15日に執り行われた、香川県丸亀市とアイエスエフネットグループとの、“障がい者および就労困難者の支援”に関する協定の締結について取り上げていただきました。



記事の中にも書かれておりますが、丸亀市とアイエスエフネットグループがこのような締結を行うことになったのは、2015年2月に地元の親の会の皆さんが、障がいのある方の就労支援を要望する7,236人分の署名を、梶市長に提出したことがきっかけです。



親御さんの想いを受け止め、ここ丸亀市を中心として、一人でも多くの方に雇用の機会をご提供できるよう尽力してまいります。



3月には丸亀市内にアイエスエフネットライフ丸亀の開所を予定しており、地元父母会の皆さまより入所についてお申込みもいただいております。



もし関心をお持ちになりましたら、ぜひご連絡をいただければと想います。



・お問い合わせフォーム



https://sv111.wadax.ne.jp/~isfnetlife-com/form/question.php
posted by ハモニ仙台 at 15:13| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする