2019年11月07日

朝晩寒いけど色鮮やかな時期 目線の高さはいかがでしょうか

こんにちは。ガッツです。

朝晩冷えてきて、なかなか起きるのが大変なこの季節ですが、晴れた日には澄んだ青空と紅葉のコントラストが楽しめる、色鮮やかな季節でもあります

お近くの山や里などで、見ごろのところも多いと思われますので、ご覧になる方は暖かくしてお出かけ下さい。

さて、この時期になると思い出すエピソードがあります。

大学時代、ちょうど紅葉の綺麗な時期に、歩いたりジョギングしたりするときに下しか見ていなかったために、せっかくの綺麗な紅葉と青空が楽しめなかった思い出です。

大学時代は親元から離れて一人暮らしをしていましたが、ある秋の日、母と電話で会話をしたときに、「そっちの紅葉はどう?」と聞かれました。

私は「紅葉はよく分からないけれど、走るにも歩くにも、落ち葉がたくさんで大変だ」と答えて、ちょっと笑われました

気持ちが落ち込み気味だったせいか、地面ばかり見て歩いていて、紅葉や青空をよく見ていなかったのです。

今でもふと振り返ると、外の景色や季節の変化をよく感じられないことがあって、そういう時は、たいてい気持ちが落ち込んで、背中も丸まって、地面ばかり見て歩いていることが多いです

皆さんも、自分が歩いているときの目線の高さを意識してみると、自分の状態について、思わぬ発見があるかもしれません。

おっと、歩くときにスマホを見ていて周りがよく見えないというのは論外、危険ですので歩くときの使用は控えていただければと思います

それでは、さわやかな秋のひと時をお過ごしいただければ幸いです

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 11:53| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

古い未使用年賀状を切手に交換してもらいました

こんにちは。ガッツです。

時が経つのは早いもので、今年ももう11月に入りました。

場所によってはクリスマスの飾りがもう飾ってあったり、年末年始の品の予約や販売が始まったりしています。

2020年元旦の年賀はがきの発売ももう始まっているようです。

私も、少ないながら年賀状のやり取りをしている知人が数人いるので、少し手間には感じるものの、挨拶とイラストを考える楽しみもあります。

つい最近のことですが、未使用の年賀状が数年分たまっていたので、切手に交換することにしました。

中には2008年など、10年も経ってしまっているものも……

いつも新しい相手から年賀状が届くことも考えて、数枚余計に買っていたのですが、結局使うこともなく余ってしまうこともあったのです。

郵便局の窓口に行って、このように切り出しました。
「未使用の古い年賀状を切手に交換したいんですがよろしいでしょうか」

局員は快く応じてくださいました。1枚当たり5円の手数料を差し引いた分の切手を受け取ることになるのですが、切手の分け方についても、相談に乗ってくださいます。

私は、封書を出す用事の方が多そうだったので、84円切手に分けてもらい、端数は1円の切手にしてもらいました。

親切にご対応くださった局員の方に感謝申し上げます。交換の際は、少し時間がかかりますので、混雑時にお願いするのは避けた方がよさそうです

以上、古い未使用年賀状から切手への交換の体験談となります。

郵便局ホームページの「書き損じはがき・切手の交換」に交換のルール(古い年賀状は新しい年賀状に交換できないなど)の詳細がございますので、ご参考になれば幸いです

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 13:56| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

弱さを持った社会人の代表として、希望を奪われていた青年の代表として(アビリンピック)

こんにちは。ガッツです。

アビリンピック全国大会に向けて準備を進めております。昨日は、宮城県の選手団結団式に参加してまいりました。

この時期にいつも思うのは、「独学でwebページ作成のすべてを学ぶのはとても大変だ」ということです。

特に、アニメーションなどの調整を行っていると、たった1つの部品の調整に2時間、3時間が飛んでしまうことも珍しくありません。

今年はサーバサイドの技術は使わないので、プログラミングの勉強はそこそこに、サイトの企画、全体の構成、ページのラフスケッチの作成などを学んでいます。

与えられたテーマに対して、手持ちの技術だけでなく、素材もぴったり合うものが用意できないことも珍しくないので、手持ちの素材でイメージが近いものを作成することもあります。

また、今年は体調がすぐれないことも多く、なかなか作業が進まず、焦る気持ちばかりが募る一方ですが、自分が何の代表であるかを考えたら、少し気持ちが軽くなります。

職業技能(私の場合はホームページ作成)の代表であるのと同時に、障がいを持ちながら社会人として活躍している方々の代表でもあります。

共に訓練を受けたり、働いたりした仲間には、目標を達成して次のステップに進んだ仲間もいれば、残念ながら健康上の理由などで一緒に働けなくなった方々もいます。

自分を含めた仲間たちが、これまでの歩みで、いかに希望を奪われたり、気力を失ってきたかについて、心の中に留め、そのようなものの代表として、一歩でも前に進みたい、何か技術を身につけたい、そう考えることで、くじけそうな自分を一歩でも前に進めようとしております。

本日は、ガッツが更新いたしました。

posted by ハモニ仙台 at 15:40| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする